ランキング

20代ですけど…近ごろ、顔のテカリや化粧崩れが気になります…!これって、ひょっとしてオイリー肌ですか?!

20代の女性のこんな悩みを解消するためには、化粧水でのケアが最適です。おすすめの化粧水を人気ランキングでご紹介します。

20代の貴方…毎朝、こまめにきれいなメイクをして仕事や学校へでかけても、時間が経った夕方には顔がテカテカして、メイクも崩れている…というお悩みをお持ちではないですか?

20代の女性のほとんどが、このようなオイリー肌だそうです。

つまり、20代の方の肌は、新陳代謝が活発でバリア機能も正常なので、十分健康な肌だといえます。

でも、皮脂の分泌量が多くて、どちらかというと油分過多のオイリー肌になる傾向があります。

ですので、油分過多による大人ニキビや、皮脂がつまることによる毛穴の開きなどの肌トラブルが多く見られるのです。

大人ニキビの特徴は、赤く目立って思春期のニキビに比べて芯が硬く頑固なこと。何度も同じ場所にできてしまうなど再発もしやすくやっかいです。

毛穴の開きは、皮脂の分泌が多いので、毛穴に余分な皮脂が詰まってしまうからです。

毛穴につまった皮脂は、酸化して黄色く見えたり、黒々として見えたりするのでとても目立ちます。

また、毛穴に詰まった皮脂汚れが炎症を起こして化膿してしまう危険性もあります。

では、どうしたらテカテカのオイリー肌を改善できるのでしょうか?

20代の女性の顔

油分が多い20代の肌には、これ以上の油分は必要ありません。

油分過多の人は、余分の皮脂を取り除く必要があります。

しかし、ココで大事なことがあります。

オイリー肌の方は、ほとんど、といっていいほど、ケアのポイントを油分を取り除くことにおきがちです。

余分な皮脂汚れをキレイに落す…これは、たしかに必要なことです。でも、あまり行き過ぎて油分を落とすと、かえってダメージを肌に与えることになるのです。

なぜかというと、美しく健康的な肌は、肌を活発にふっくらとさせる水分と、その水分を保護する油分…この水分と油分のバランスがとれてはじめてつくられるからです。

ですので、皮脂の分泌が活発な20代の方の適切な肌のケアは、さっぱりとしたあまり油分が多くない保湿ケアが必要といえます。

そのためには、保湿効果の高い化粧水を、たっぷり使った保湿ケアがおすすめといえます。

20代後半は、隠れ乾燥肌(インナードライ肌)に注意が必要です!!

健康な肌の20代の女性でも、25歳ぐらいをピークにして、水分が減少して、うるおいがある健康は肌が徐々に失われていきます。

そして、新陳代謝の衰えなどにより、内部の乾燥がすすむと、表面は皮脂が浮いているのに、実際は水分不足の肌…いわゆるオイリードライ肌になってしまいます。

自分の肌は脂でテカテカしているのでオイリー肌だ、と思っていても、肌に突っ張り感がある人、実はインナードライかもしれないのです。

つまり、ここでも、水分と油分のバランスがくずれているのです。

対策は、やっぱり、保湿です。保湿効果の高い化粧水を、たっぷり使った保湿ケアが必要なのです。

20代前半と20代後半は、化粧水の選び方に違いでてきます…!

20代前半におろそかにしたケアのツケが回ってくるのが後半…

20代前半の女性の顔

20代前半はまだ肌も若く、悩みもなさそうに思えますし、肌自体にはハリがあります。

しかしそれぞれの人にある程度は困ったこともあります。

多く分泌されがちな皮脂、それによるテカリや化粧崩れ、また、毛穴の開きなどと言った、どちらかと言えば生まれ持ったその人の肌自体の悩みです。

20代後半になってくると悩みはまた違ってきます。

25歳はお肌の曲がり角などといいます。

たるみやしわ、しみなどは早い人は20代後半に差し掛かる辺りで悩むことになる人も多いのです。

20代前半におろそかにした紫外線対策や色々なツケが回ってくるのが後半といえるのではないでしょうか。

そこで20代前半、後半のそれぞれの化粧水等の選び方を見てみることにしましょう。

20代前半…

20代前半の人は、後半の人とは違い、脂浮きなどと言ったベタつきの悩みなどが多いようです。

そのため、クリームを使う際はべたつかないものを選びましょう。

皮脂のベタつきは化粧崩れも引き起こします。

油取り紙や洗顔などで対策する場合は、皮脂のとりすぎに注意しましょう。

過剰に皮脂を取ってしまうと、元々肌を守るために分泌される皮脂がなくなり、無防備になった肌が余計なダメージを受けてしまうからです。

そしてそれを守ろうとするために、皮膚はまた過剰に皮脂を分泌してしまうわけです。

過度な洗顔などは避けるようにしましょう。

そして若く皮脂の多い肌にもうるおい補給は必要です。

内部が水分不足になっているパターンもあるのです。

20代後半には勿論大切な保湿ですが、肌の潤い対策は20代前半の人にもとても大切です。

お風呂あがりには30秒以内の保湿が良いとも言われています。

そして、化粧水を選ぶ際は、ヒアルロン酸など保湿成分の入ったものを選ぶようにしましょう。

20代後半…

20代後半の女性の顔

20代後半の人は前半の悩みに加えてしみやしわ、顔のたるみなどが悩みになってくることが多いです。

前述した20代前半の保水方法なども踏まえながら、その肌ケアに20代後半向きのケアをプラスしないといけません。

例えばコラーゲンやヒアルロン酸が含まれた化粧水や、ローズマリーなど抗酸化作用の強い成分が含まれている化粧水を選ぶなどです。

ビタミンやミネラルが豊富な化粧水も良いでしょう。

また、色んなケア製品で顔をいじりすぎるのも良くありません。

20代後半の肌は出来るだけシンプルに、保湿とフタをするように心がけたほうがきれいな肌になる場合もあります。

赤ちゃんにも使える、優しいワセリンなどはお勧めのクリームです。

勿論洗顔のし過ぎは良くありませんが、程よく清潔な肌を保っていき、20代前半の頃のような肌を保っていきましょう。

20代の化粧水選びにはどんな特徴があるのでしょう。そして、その使い方は…

20代の方は、どちらかというと、メイクアイテムに興味が向きがちです。

しかし、若いうちから正しいスキンケアを行うかどうかで、将来の肌の状態が左右されます。

20代の肌の悩みで多いのは、テカリや毛穴の開きなど、化粧崩れの原因になる皮脂の悩みです。

メイクの腕を上げても、土台となる肌が整ってなければ、かさついたり、べたついたりしてメイクが台無しになってしまいます。

洗顔をしすぎたり、保湿が十分でなかったりすることが多いので、正しいスキンケアの方法を知って、きれいな素肌を作ることから始めましょう。

皮脂が多くてメイクが崩れやすかったり、テカりが気になったりする人が陥りがちなのが、洗浄力の高い洗顔料を使って、何回も顔を洗うというお手入れです。

皮脂が過剰に分泌する理由は、実はうるおい不足が多く、皮脂をとればとるほど、分泌するという悪循環に陥りがちで、毛穴も開いてしまいます。

20代の化粧水は保湿成分が重要…!

案内の女性の顔

20代の肌は、ティーンとは異なり、徐々に肌が大人へと変化していく、揺らぎやすい時期です。

20代と言えば、就職、結婚、人間関係など、人生のターニングポイントが多く潜む年代です。

そのため、環境の変化が多く、ストレスも感じやすいとされています。

周りに流されない健やかな肌を土台から作るには、保湿ケアが重要なポイントとなります。

20代のうちに、揺らぎにくい強い肌をしっかりと作り上げておけば、これから10年先も年齢に惑わされない肌へ導いてくれるでしょう。

洗顔後、最も始めに行うスキンケアが、化粧水です。

まっさらな肌に水分、潤いをたっぷりと与える化粧水が、保湿ケアでは非常に大切なステップとなります。

代表的な保湿成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどです。

コラーゲンは、分子量が大きいために肌の奥深くには浸透しにくいとされていますが、肌表面に留まり、水分の蒸発を防ぐ役割があります。

近年では、技術の進歩により、低分子コラーゲンの開発がなされ、肌の奥深くまでしっかりと浸透し、潤いを与えるものもあります。

ヒアルロン酸は、大量の水分を保持することで有名です。

こちらも、コラーゲンと同様に、分子量の違いによって、肌表面に留まるもの、肌の奥深くまで浸透し潤いをもたらすものがあります。

分子量の異なる保湿成分をブレンドすることで、肌内部に留まるもの、肌表面に留まるもの、と働きを分けている化粧水もあります。

セラミドは、細胞と細胞の間にある細胞間脂質という水分を保持し、キメの整った肌を作るものの主成分です。

セラミドがないと、肌は乾燥し、バリア機能が衰え、様々な肌トラブルを招きます。

化粧水でたっぷりのセラミドを補充してあげることで、肌は潤い、健やかに育まれていきます。

この3つの保湿成分を意識しながら、化粧水選びを慎重に行いましょう。

乾燥による敏感肌がひどい場合は、アルコールなど肌への刺激となるような成分を含まない、無添加の化粧水がお勧めです。

刺激の少ない敏感肌用の化粧水も販売されています。

普段から、どのような成分が肌に合わないのか、自分でも理解しておき、原材料のチェックも行いましょう。

自分の肌を良く知ることで、より良いスキンケアアイテム選びの参考になります。

たっぷりの保湿成分で肌に潤いを与え、健やかな肌の土台作りを行うことが、これから先の見た目年齢にも影響します。

20代のうちから気を抜かず、質の良い化粧水で丁寧にスキンケアを行いましょう。

では、いったい、どの化粧水がいいのでしょうか?…どの化粧水を選べばいいのでしょうか?

大事な点は、今の自分の肌にあった、効果が十分に実感できそうな、そして安全な化粧水を選ぶということです。

ところが、これはなかなか至難の業で、チョット簡単にはいかないのが現状でしょう。

そこで、このような方のために、20代におすすめの人気の化粧水をを調べてみました。

実際の使用者のクチコミやレビュー、モニター調査、売れ筋情報やリピート率などからの、サイト独自の調査の結果ですが、ランキングでご紹介します。

ランキング

化粧品  20代へおすすめ  人気ランキング・リスト


  1. アヤナス  トライアルセット【decencia】……アヤナス・ローション・コンセントレート

    decenciaアヤナストライアルセット画像ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌ケアをしながら、ほうれい線・シワ・たるみのない肌を実感させる化粧品セットです。
    ポーラ研究所のエイジングケア研究の集大成である「アヤナス」の特許技術ヴァイタサイクルヴェールR』により、外部刺激をブロックし、徹底保湿することで、肌のバリア機能をUP
    そして、コラーゲン産生量を170%アップするオリジナル成分配合により、ハリ・弾力をアップさせ、さらに、新知見の「ストレスによる肌荒れ」に徹底対応し、ダメージに負けない、肌荒れのないエイジレスなうるうるハリ肌へ導きます。
    すでに体験された方の声も、「6日目で肌に弾力が戻ってきました!!」「敏感肌でも安心のエイジングケア…!」…などと好評で、数々のベストコスメを受賞し、メデイアでも数多く取り上げられています。
    この度(2016年秋)、リニューアルによりパワーアップして新アヤナスとして誕生…。セット内容は、化粧水・美容液・クリームの3アイテム。特に、濃密化粧水のアヤナス・ローション・コンセントレートは、通常のセラミドの1/20サイズの「セラミドナノスフィア」が肌の奥まで潤いを届け、柔らかな肌へ。さらに、20種類もの美肌成分がぐんぐん浸透し、より深く肌へと働きかけ、輝きをもたらします。
    今なら、じっくり試せる10日間トライアルセット初回限定の特別価格!プレセント付き(アヤナスアイクリームコンセントレート1回分)、さらに、30日以内全額返金保障、送料無料、手数料無料で提供されています。

    詳細を見る
    アヤナストライアルセット


  2. 米肌【まいはだ】  (コーセー)……肌潤化粧水

    コーセーの米肌の画像ライスパワーによるセラミド配合の肌潤化粧水を含む化粧品お試しセットです。
    お米を長時間発酵熟成したライスパワーNo.11は、水分保持能のカギ「セラミド」を作り出し、自らうるおう肌へと改善します。
    そして、肌のうるおい不足による開き毛穴、でこぼこ毛穴などの毛穴の悩みをなくします。
    すでに多くの方が体験されていますが、「肌がふっくら毛穴も気にならない。(S.Eさん 27才)」「毛穴だけじゃない、うれしい肌効果も♪(S.Tさん 30才)」と好評で、満足度90.6%(コーセー調査)20代、30代による支持が多いのも特徴です。
    また、タレント・モデルさんも注目し、女性雑誌にも多数掲載されるなど、メディアでも取り上げられています。
    今だけの、通販限定、14日間トライアル6点セットが特別価格で送料無料、肌潤化粧水マスク(非売品)のプレゼント付きで提供されています。

    詳細を見る米肌で理想的な素肌を


  3. アルケミー(alchemy)トライアルセット    (レクシア)……ハイドロ・リフレックス・ローション

    ハイドロリフレックスローション(アルケミー・トライアルセット)の画像
    いま注目の酵母発酵エキスを配合した、保湿スキンケア・セットです。
    化粧水・ハイドロリフレックス ローションは、独自に開発された酵母発酵エキスVEGALによって、優れた保湿性、弾力性を発揮し、高い浸透性で角質層までしっかりとうるおいを届けます。
    肌内部の水分と油分のバランスの乱れによって20代後半から訪れる肌の変化…毛穴の開き、ハリ不足、テカリ、うるおい不足、etc…の肌の悩みを、潤い・弾力アップでトータルカバーし、あこがれの凛と輝く素肌を実感させます。
    すでに体験された方の声も「翌朝、お肌を触ると、プルッと弾力感が…!(20代・乾燥肌)「全てがしっとりとした使用感でとてもびっくり…!(20代・乾燥肌)」など好評です。
    今、メディアや女性週刊誌で話題実力派スキンケアです。
    今なら、トライアルセット( 化粧水をふくむ5アイテム1週間分 )が、お得な特別価格・送料無料で提供されています。

    詳細を見る「アルケミー(alchemy)」トライアルセット


  4. 草花木果  竹……透肌(とうき)化粧水・竹(しっとり・さっぱり)

    草花木果 竹の画像毛穴を目立たなくする透肌スキンケアです。
    20代は、特に皮脂分泌が盛んな年代です。
    皮脂や角質が毛穴に詰まると、黒ずみやニキビなどのトラブルになります。
    小鼻の毛穴、ほおの毛穴、ファンデで隠せない凸凹毛穴、パックリ毛穴…が、ほんとうに目立たなくなる!と大人気の毛穴ケアです。
    肌の角質クリア機能をサポートするアミノ酸、贅沢に配合された古くから伝わる天然成分が、肌に負担なくザラザラごわつきのない、クリアな肌にみちびきます!
    透肌化粧水・竹は、使用感から「しっとりタイプ」「さっぱりタイプ」が選べます。
    また、セットの「透肌マスクジェル」は、売上450万本突破の超人気商品です。
    すでに愛用者の声も、「ほおや小鼻の毛穴が気にならなくなって、肌全体に透明感がでてきた!(25才)」などと好評で、リピーター続出!などと、有名女性雑誌でも紹介されています。
    今なら、お得な10間トライアルセットが、特別価格・全国送料無料・うれしいプレゼント付!で提供されています。

    詳細を見る本当に毛穴が目立たなくなった!話題の毛穴対策コスメ


  5. アスタリフト(ASTALIFT)  ベーシックトライアルキット  (FUJIFILM)……モイスト・ローション

    アスタリフトASTALIFT社画像フジフイルム「成分×独自技術」のアプローチで実現した化粧品セットです。
    アスタキサンチンと、みずみずしいトマトの力、ナノリコピンWの赤いチカラで、感動のハリ実感へと導きます。

    トライアルキットの内容は、<新感覚のジェリー状“先行”美容液>、<化粧水>、<美容液>、<クリーム>の4アイテム。
    特に、アスタリフト ローション<化粧水> 20mL は、独自のナノ技術で驚きの浸透力!ダブルの赤のパワーでうるおいに満ちたやわらかな肌へと誘います。
    カメラのフィルム作りに必要な技術と、スキンケアの商品作りに必要な技術には、意外な共通点がいっぱいあり、長年のフィルム作りで培ってきた富士フイルムだから生み出せた独自技術が『アスタリフト』高品質の秘密となっています。

    松田聖子のCMで一躍、話題になり、すでに多くの方が体験し、モニター向け使用感アンケートでは、「うるおいを感じた…91%」「ハリ・うるおいを感じた…87%」「継続して使いたい…92%」と好評です。
    今なら、基本4品を5日間しっかり試せるこのベーシックトライアルキットが、通販限定特別価格送料無用で提供されています。

    詳細を見るアスタリフト


  6. ライスフォース    (トライアルキット)……ディープ・モイスチャー・ローション

    米肌美人ライスフォース社画像ライスパワーエキス配合のスキンケア「ライスフォース」のトライアルセットです。
    お米のエキスのチカラで、のどの乾きを癒やすようにうるおって、肌をスッキリとさせてくれます。
    手間・ヒマかけられない人のエステ級コスメとして、「キメが整って、肌がふっくらやわらかくなりました!(モデル・とよばさき さん)」など芸能界やモデルの方々にも愛用者が急増しており、プロも認める高い品質で、満足度はうるおい97%キメ99%、ハリ・弾力91%、毛穴の開き89%…と高い評価を得ています。
    化粧水・美容液・クリームの3点セットで、極潤美白セット(うるおいと毛穴)、透明美白セット(シミ・くすみ)のどちらかのタイプが選べます。
    今だけの、トライアルキット特別価格!さらに、3大特典として…使用後でも返品OK!全国送料無料!手数料無料!が付きます。

    詳細を見るライスフォース・トライアルキット


  7. d プログラム トライアルセット    (資生堂)……バランスケア・ローション

    d プログラム トライアルセット資生堂の画像資生堂の「ときどき敏感肌」を予防する化粧水・乳液のセットです。
    肌の悩み、肌の状態によって4タイプが選べるdプログラムの提供です。
    特に化粧水は、敏感な肌もうるおいでやさしく包み、美肌バリアを整え、いつみられてもいい素肌へと導きます。
    4タイプの内容は、1.アンバランスな肌に…バランスケア・セット2.乾燥しがちな肌に…モイストケア・セット3.年齢を感じ始めた肌に…バイタルアクト・セット4.ニキビができやすい肌に…アクネケア・セット
    いずれも、新しくなったdプログラムの魅力を体感できる1週間トライアルセットです。
    資生堂オンラインショップ「わたしぷらす」の利用となりますので、WEB限定の特典…ラブリー巾着のプレゼントと500円相当のクーポン券が付き、美容のプロにチャットで相談ができます。さらに、送料無料のサービスとなります。

    詳細を見る資生堂 dプログラム トライアルセット


  8. ホスピアップ  化粧水    (湘南美容外科クリニック+メタトロン化粧品)

    ホスピアップ化粧水の画像湘南美容外科クリニックメタトロン化粧品共同開発したリフトアップ化粧水です。
    これまで、化粧水に配合するのが難しいとされてきた「ホスファチジルコリン」を高濃度配合しています。
    このため、女性の永遠の悩みといわれるフェイスラインの悩みを改善し、肌にハリをあたえます。
    フェイスライン、マリオットラインにお悩みの方二重顎が気になる方へおすすめです。
    すでに、使用されて方の声も、「鏡で見る自分の印象が違う!」「気持ちも表情も上向きです!」などと好評で、湘南美容外科での化粧品販売本数が3ヵ月連続1位の実績をあげるなど、人気との実力をもった化粧水です。
    今回、湘南美容外科の専用フェイシャルローションのホスピアップを特別に3000本をWEB限定で販売!
    今なら、お得な定期便初回価格47%OFF!の特別価格送料無料で提供されています。

    詳細を見る【ホスピアップ】


  9. ラ・ミューテ  美肌セット  ……エンリッチ化粧水

    アクアフォースエキストラの画像ラ・ミューテが提供する、保湿・美肌セットの化粧水です。
    朝に摘んだダマスクローズの優雅な香りとともに、通常の約3倍ある熟成ダマスクローズの天然美容成分が肌に浸透し、乾燥した肌からみずみずしい透明感のある肌へと導きます。
    さらに、超微粒子「ナノヒアルロン酸」「ナノコラーゲン」を配合していますので、肌の内側から湧きあがるような潤いとハリのある…つい、うっとりとして触れたくなるような素肌を実感できます。
    全国の美容モニターさんの調査でも、「翌朝まで潤いとハリが…!」と大満足・高評価の商品です。
    ラ・ミューテでは、エンリッチ化粧水をより効果的に使用できるよう、洗顔フォームと美容液を加えた美容セットを提供しています。
    現在、その美容セットを半額の特別価格(期間限定)で提供する半額お試しコース(送料無料・180日間返金保証・豪華プレゼント)のキャンペーンを実施中です。

    詳細を見る92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!


  10. イキテル  ローション  (ヤクルト)

    ヤクルト「イキテル」ローションの画像Yakultが提供する、混合肌むけの化粧水です。
    テカリ小鼻、ギトギトおでこ…カサつくほほ、ザラザラあご…混合肌の原因のうるおい不足を、乳酸菌研究を続けてきたヤクルトの技術を応用したスキンケア商品です。
    ヤクルトがビンで売られていた時代に、回収したビンを洗っていた手がすべすべになるのに気がついて、肌になじみやすく保湿性の高い乳酸菌の美肌成分の発見につながったエピソードが有ります。
    今だけの、たっぷり1.5ヶ月分の「イキテル」ローションがWEB限定の半額特別価格・送料無料のキャンペーン中です。

    詳細を見るイキテル化粧水半額キャンペーン


ランキング TOP↑


20代と美容・スキンケアあれこれ…

20代から美肌作り、化粧水で早い時期から…!

20代はメイクに興味がありますが、正しく使えているのでしょうか?

20代の人が抱えている肌の悩みは、毛穴の開きや化粧崩れ、テカリが挙げられますが、主な原因は皮脂の悩みです。

20代でメイクが上手い人は多いですが、肌を整えてからでないと、カサつきやベタつきやすくなってしまいます。

洗顔のしすぎや保湿が肌に対して足りていない事も多いのです。

また20代から化粧水での保湿や乾燥肌、シワや肌荒れ予防をしていないと、年齢が進むにつれて肌は思い通りに行かなくなってきます。

そして、こんなはずじゃなかったと思っても、そこから挽回するのは努力が必要になってくるので、美肌対策は化粧水で早い時期からしておきましょう。

化粧水をつけた20代の女性の顔

化粧水に含まれるプラセンタは、新陳代謝を活発にさせることによって透き通った白い肌を形成してくれるようになります。

またセラミドは肌の水分量を保つ、保湿機能を高め、ストレスや細菌の侵入などを阻止したりするなどの役割があります。

女性は毎日使う化粧水だからと、化粧水の質にはこだわりたいのですが、暑い季節には特に目立ってしまう毛穴対策のためにも化粧水を使うことは必要なのです。

化粧水を上手く使う事で肌トラブルをなくし、美肌を作る事で自慢の美肌を見せつけ、20代のもちもち肌でナチュラルメイクを目指しましょう。

肌荒れに悩む20代におすすめの化粧水は…?

肌荒れに悩む20代の女性の顔

20代の方は、まだお肌にシミやシワもほとんどない方が多く、スキンケアよりもメイク用品に興味があるかもしれません。

しかし20代後半になると人によっては小じわが気になる方もいますので、早めのエイジングケアをスタートさせた方がよいでしょう。

20代の方は、ニキビによる肌荒れに悩んでいる方も多いでしょう。

まだ皮脂の分泌も活発なので、肌がオイリーに傾き、ニキビができやすい方も多いでしょうが、ニキビ肌に合った化粧水を選ぶことで、肌荒れが改善します。

そうすれば化粧ノリもますますよくなりますので、メイクも今以上に楽しむことができるでしょう。

メイクが映えるためには、お肌の美しさが必要です。

若々しいお肌がさらにきれいになるように、化粧水選びに注意してみてはいかがでしょうか。

ニキビ肌には保湿が必要…化粧水でしっかり保湿を…!

20代の方は、まだニキビによる肌荒れに悩んでいる方も多いです。

ポツンと目立つニキビができる人もいれば、顔全体にできる方もいらっしゃるでしょう。

肌荒れが悪化してはいけないとメイクもできない方もいるでしょう。

20代になったばかりの頃は、まだ皮脂の分泌が盛んなので、顔がテカテカになってしまい、油取り紙が手放せない人も多いでしょう。

オイリー肌の方は、皮脂を洗い流すことに重点を置いて、保湿ケアを怠りがちかもしれません。

顔がベタベタしていると、潤っているものと勘違いして保湿の必要はないと考えがちですが、実はニキビ肌には保湿が必要なのです。

お肌の水分が足りないと、さらに皮脂を活発に分泌するようになりますので、化粧水でしっかり保湿するようにしましょう。

ニキビケアに効果が高い化粧水は、毛穴の中も保湿しますので、ニキビの増殖を防ぐ効果があります。

抗炎症成分が入っているものが多いので、ニキビを鎮静化して効果があります。

毛穴の開きや黒ずみ、乾燥、シミ…化粧水で早めのケアを…!

また、毛穴の開きや黒ずみが気になる方も多いでしょうが、毛穴ケアに効果的な化粧水もあります。

毛穴に効果的なものは、古い角質を除去する効果と保湿効果があります。

毛穴が目立って気になる方は、毛穴に効果的なものを選ぶとよいでしょう。

また、20代でも後半になってくると肌の乾燥が気になる方が増えてきます。

肌の乾燥には、セラミドが配合されたものなど、保湿効果が高い化粧水を選ぶようにしましょう。

また、美白ケアを早めに始めておくと、お肌のシミを防ぐ効果が高いです。

シミはできてから消すよりもできないように若い頃からUVケアや美白ケアを始めておいた方がよいでしょう。

30代や40代になって後悔しないためにも、20代のうちから美白化粧水を使用しておいてはいかがでしょうか。

20代は肌荒れやさまざまな肌のトラブルに悩んでいる方も多いでしょうから、悩みを解消する化粧水を選ぶとよいでしょう。

化粧水は20代の乾燥肌対策として重宝する

20代の肌は弾力性に富んでいますが、20代のケア次第によって30代の肌状態は大きく変わってきます。

だからこそ適切なケアをして老化を予防していく必要があるでしょう。

20代化粧水も乾燥肌対策ができるタイプが好ましいので、いろいろと使用して保湿してあげましょう。

肌に合った化粧水さえ使用していれば、肌状態が大きく崩れることはありません。

肌が崩れてしまう原因には間違ったケアがあるため、ここから改善をしていきましょう。

乾燥肌になってしまう理由には体質の問題もありますが、スキンケアと食生活も関係しています。

適量の油分を摂ることは保湿対策として役立ちますが、ほかにも洗顔後に化粧水を使用して乾燥対策をすることも重要です。

乾燥さえ防いでしまえば、肌対策の8割りはクリアと考えてよいでしょう。

20代は肌のバリア機能が高い年代ですから、無理をしなければ大丈夫です。

当たり前のケアをしっかりと行っていれば、肌状態が大きく崩れることはないでしょう。

乾燥肌は20代後半くらいから気になり始める方が多いので、化粧水でケアをしておきましょう。

スキンケアに早すぎることはなく、早くから行っておくほど美肌を維持しやすいです。

化粧水を使用する前にはよく洗顔をしておき、毛穴のつまりを除去しておきましょう。

つまりを放置しておくと、毛穴が汚れてニキビの原因ともなります。

ニキビを予防するためにも、化粧水でよく保湿をしてください。

保湿はバリアを形成してくれるので、肌を強くできるのです。

肌が弱くなってしまう方に共通するのは、年間を通して乾燥していることです。

乾燥肌というのは体質よりも、日々の環境によって生じると考えてよいでしょう。

しっかりと肌ケアを行っておけば乾燥対策ができるので、洗顔後に化粧水を多めに使用してください。

化粧水の使用が少ないと保湿効果が半減してしまい、バリア機能も低下してしまいます。

20代から正しいケアを身につけておくことは、将来の美肌のために大切です。

間違ったケアを覚えてしまうと、そのケアを継続してしまうことが多いです。

肌にダメージを与えてしまう要因として間違ったケアがあるため、正しいケアを若いころから身につけておきましょう。

保湿ケアは最も大切であり、これだけでマイナス5歳肌が可能になります。

年齢より老けて見られてしまう方は、乾燥肌を予防するために保湿を徹底してください。

保湿はバリア機能となり、紫外線に強い肌に変えてくれます。

20代の肌のお手入れの特徴は…?

20代の肌のお手入れでは、化粧水をしっかりつけて保湿することが大切です。

潤いを与えた肌は、過剰に皮脂を分泌することが減り、毛穴も目立たなくなります。

コクがありすぎない、適度な潤いを与える化粧水を使って、肌に水分をたっぷりと与えることが、20代のお手入れの特徴です。

化粧水を選ぶ時には、高価なものよりも、自分の肌に合うものを選ぶことをおすすめします。

コクがある化粧水を使うよりは、さらっとした感触で、水分を肌に与えることが目的の化粧水を使うだけで、20代の肌は良い状態を保つことができるのでおすすめです。

化粧水を付けるポイントは…?

水分をたっぷりと肌に入れるためには、洗顔後、すぐに、コットンを使って、肌にていねいに含ませていくようなイメージで化粧水を付けることがポイントです。

一回で済ませようとせずに、重ねづけすると、よりしっかりと水分を肌に補給することができます。

化粧水の後は、乳液を薄く肌になじませることで、肌に含まれた水分が蒸発するのを防ぎ、しっとりとした状態を保つことができます。

お手入れを続けていくと、皮脂の分泌が適正になっていくことを実感できるでしょう。

20代ニキビを改善や予防する化粧水の使い方

20代でニキビができると10代のようにすぐに治らなくなります。

10代と20代で異なるのは肌の状態で、ニキビができるのは年齢や性別に関係なくホルモンバランスの乱れや生活習慣などによる肌の機能の悪化です。

20代でできるニキビの主な原因に皮脂の毛穴づまりが考えられます。

古い角質が残り毛穴を塞ぎ、皮脂が肌の外にでることができなくなります。

肌が正常な状態であれば28周期という肌のターンオーバーにより古い角質が剥がれて新しい角質が作られますが、年齢と共に肌のターンオーバーの周期が乱れ古くなった角質が肌に残るようになるため、20代でもにきびができやすくなります。

20代のニキビを改善するためには肌のターンオーバーを促し、肌のターンオーバーを正常な状態にすることです。

そのためには必要なことは偏食や暴飲暴食などの食生活に気をつけ、ビタミンを多く食事に取り入れたり、睡眠をしっかりととるなど生活習慣を見直すことが必要です。

それに加えて化粧水などスキンケア製品で肌の働きを助けることも大切なことです。

肌のべたつきも気になる時期でもあり、皮脂対策のための化粧水を使うことも有効です。

活発すぎる皮脂分泌を抑えることで毛穴に詰まった皮脂を分解しやすくする働きがあり、ニキビケアにも良いことです。

にきびや皮脂によるベタつきが気になっても、実は肌が乾燥していることもあります。

皮脂の分泌よりも乾燥やホルモンバランスの乱れが大きく影響することでにきびができやすくなることもあるので、大人にきび専用の化粧水を使うことも良い選択です。

10代のように皮脂のベタつきを気にして皮脂対策のみをしていると肌の乾燥が進んでしまって肌の状態が悪くなこともあります。

化粧水の役割は保湿することですが、洗顔で落としきれない汚れを拭き取る化粧水もあります。

20代は若いので何かを補って肌を改善するというよりも余分な皮脂や汚れなどをしっかり落として保湿することを重視しても良いです。

肌が若いのでターンオーバーは活発ではありますが、汚れた角質などが残って見えない汚れなどは肌の奥に溜まることもあります。

洗顔だけでは落としきれないアイメイクや軽いメイクなどを落とせる拭き取り化粧水を使って汚れを落とすことは、肌の角質も柔らかくしてその後の化粧水の浸透を良くすることができます。


■化粧水の人気ランキング@20代へおすすめ…について…■

ランキングの掲載順位は、管理人が、独自に色々な調査をした結果ですので、その点はご理解くださいますようお願い致します。

20代の前半はともかく、後半になるとやはり様々な肌のトラブルが訪れてくるようになります。

20代の肌のケアは、やがて来るお肌の曲がり角へを左右する結果ともなりますので、早めに、適切にケアを始めることが肝要です。

このサイトが、そのために役立つことをお祈りいたします。

ランキング

■ サイト・コンテンツ ■

  • TOP…ランキング一覧
    • 化粧水人気ランキング@20代へおすすめ…調べてみました!
  • 20代の化粧水と「お肌の曲がり角」…
    • 20歳を超えると肌はすでに折り返しコーナーを曲がって老化の一途…「お肌の曲がり角」にさしかかりますが、その時に化粧水を選ぶポイントは、それを規定の量で使い続けることができるかどうか…
  • スキンケアに関してですが…
    • ほとんどが水分で構成されているボディソープではあるけれど、液体であるからこそ、保湿効果だけじゃなく、様々な役目を果たす成分が数多く利用されているのが利点なのです…
  • 無造作に顔を洗うと…
    • 空気が乾きドライな環境になり始める秋から冬にかけては、一層肌トラブルを抱えやすい季節で、肌の乾燥を回避するためにも化粧水は必要不可欠なものです。一方で使用方法によっては、肌トラブルの原因や要因になってしまうのです…
  • 「冬季間はお肌が乾燥するので…
    • スキンケアを頑張ることによって、肌の諸々のトラブルも抑止できますし、化粧乗りの良い素敵な素肌をあなた自身のものにすることが現実となるのです……
  • お肌に目いっぱい潤いを付与すれば…
    • 有意義な役目のあるコラーゲンではありますけれど、歳をとるごとに質量ともに衰えていきます。コラーゲンの量が下がると、肌のピンとしたハリは消え失せて、最も毛嫌いしたいたるみに見舞われることになります…
  • しわが目を取り囲むように多いのは…
    • 肌の手入れを講ずることで、肌の数多くあるトラブルも防ぐことができますし、メイク映えのするまぶしい素肌をものにすることが適うというわけです…
  • 「美肌に特化した化粧品も取り入れているけれど…
    • セラミドというのは、表皮における角質層に含まれる保湿成分だから、セラミドが混合された美容液であるとか化粧水は、とんでもない保湿効果が見込めるとされています…
  • 「乾燥肌に向けては…
    • 一年中肌が乾燥すると苦悩している方は、保湿成分がいっぱい入っているボディソープをチョイスする方が良いでしょう。肌の事を考えるなら、保湿はボディソープ選びから慎重になることが肝要になってきます…
  • どんなに化粧水を取り込んでも…
    • 体内のコラーゲンの量は二十歳の頃がピークで、そこから低減していき、60代の頃には約75%に落ち込んでしまいます。歳を取るとともに、質も悪化していくことが分かってきています…
  • しわが目元にできやすいのは…
    • 常に仕事が詰まっていて、しっかりと睡眠時間を長くとっていないとお感じの方もいるのではないでしょうか?ではありますが透き通った肌をお望みなら、睡眠時間の確保を意識することが重要だと断言できます…
  • シミやくすみの防止をターゲットにした…
    • 肌が必要とする美容成分が満載の便利な美容液ですが、使用方法を失敗すると、むしろ肌の悩みを増長させてしまうこともあります。化粧品の取扱説明書を確実に読んで、適正に使用するべきでしょう…
  • 乾燥している肌に関しては…
    • 一定の年齢になると、いろいろな部分の毛穴のブツブツが、ホントに気になるものなのですが、ブツブツになる迄には、それなりの年数がかかっているはずです…
  • 試さずに使って合わなかったら…
    • 冷たくて乾燥した空気の秋から冬にかけては、一段と肌トラブルが引き起こされやすい時で、肌を乾燥から守るためにも化粧水は必需品です。けれども正しくない使い方をすると、肌トラブルの発端になるのでご注意ください…
  • 一度に多くを口にしてしまう人や…
    • 入浴後、ちょっと時間を空けてからの肌の手入れよりも、皮膚の表面に水分が留まった状態であるお風呂上り後すぐの方が、保湿効果はあると言えます…
  • 肌が欲する美容成分が凝縮された美容液ですが…
    • 1グラムほどで6リットルもの水分を保持することができると公表されているヒアルロン酸は、その持ち味を活かし高水準の保湿成分として、様々な化粧品に活用されていると聞きます…
  • ニキビができる原因は…
    • 日常的に運動をして血の循環をよくすれば、ターンオーバーの乱調も少なくなり、より透明感のある美白がゲットできるかもしれないのです…
  • 老いとともに…
    • 美容に高い効果を発揮するプラセンタには、お肌のふっくらとした弾力感や艶を維持する役割の「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」が混ざっています。お肌が持つ保水能力が増大し、潤いとぷりぷり感が恢復されます…
  • バリア機能が落ちると…
    • ボディソープの見極め方を見誤ってしまうと、本当なら肌に欠かせない保湿成分までなくしてしまう可能性があると言えます。その為に、乾燥肌に実効性のあるボディソープの見分け方を伝授いたします…
  • 肌質というのは…
    • 卵、乳製品といった動物性食品に含まれるビタミンAは皮膚の再生になくてはならないものであり、ビタミンCと言いますのは肌のハリや弾力のもととなるコラーゲンの合成促進を行なう働きがあります。端的に言えば、色々なビタミンも肌の潤いの保持には必須成分だというわけです…
  • あなたは数多くのコスメティックアイテムと美容関連情報に囲まれながら…
    • モデルさんもしくは美容評論家の方々が、情報誌などで見せている「洗顔しない美容法」をチェックして、興味をそそられた方も多くいらっしゃるでしょう…
  • 少し前から注目されつつある「導入液」…
    • 話題沸騰中の美白化粧品。化粧水や美容液、クリームタイプなどたくさんあります。これら美肌化粧品の中でも、金銭的負担がほとんどないトライアルセットに的を絞って、マジで試してみて間違いのないものを掲載しております…
  • しわが目の周りに一体に生じやすいのは…
    • スキンケアを実践することで、肌の数々のトラブルも抑止できますし、メイク映えのするまぶしい素肌をあなた自身のものにすることができるわけです…
  • 肌のケアの要である美容液は…
    • キーポイントとなる作用を担うコラーゲンなのですが、年齢とともにその量は下がっていきます。コラーゲンが少なくなると、肌の若々しさは維持されず、頬や顔のたるみに直結していきます…
  • 市販のボディソープの場合は…
    • ニキビについては、ホルモンバランスの異常が元になっているのですが、睡眠時間が十分に確保できていなかったり、ストレスを多く抱えていたり、食生活が悪かったりという状況でも生じます…
  • いっぺんに沢山の美容液を付けたところで…
    • ここ数年、あらゆるシーンでコラーゲン補給などといった言葉を使った触れ込みを聞きます。美容液や化粧品を筆頭に、健康食品の他スーパーやコンビニで販売されているジュースなど、気軽に手にすることのできる商品にも含有されているくらいです…
  • アレルギー性体質による刺激に弱い肌でしたら…
    • アレルギー性体質による刺激に弱い肌でしたら、専門医での治療が求められますが、生活習慣が原因の刺激に弱い肌の場合は、それを修復すれば、刺激に弱い肌も元に戻ると言われています…
  • 水分たっぷりの美容液は…
    • 肌に含まれるヒアルロン酸の量は、40代後半を過ぎると低減するということが明らかになっています。ヒアルロン酸量が減少すると、みずみずしいしっとり感がなくなり、カサつき、ニキビ、湿疹、かゆみ、乾燥肌などの因子にもなると考えられています…
  • 乾燥した状態になると…
    • 敏感肌と呼ばれるものは、生まれながらお肌が保有している耐性が不具合を起こし、正常にその役割を発揮できない状態のことを指し、色々な肌トラブルに見舞われると言われます…
  • 昨今はナノ粒子化され…
    • 日々念入りにケアをするようにすれば、肌はもちろん良くなってくれます。少しであろうと肌のしっとり感を感じ始めたら、肌のケアを行なっている最中も堪能できること請け合いです…
  • 敏感肌が理由で窮している女性の数は異常に多くて…
    • 女性に肌に関して一番の希望を聞くと、ほとんどを占めるのが「美肌になりたい!」というものとのことです。肌が透き通るような女性というのは、そこだけでも好感度は全く異なりますし、キュートに見えるものです…
  • ヒトの体のコラーゲンの量は二十歳くらいが一番多く…
    • ヒトの体のコラーゲンの量は二十歳くらいが一番多く、僅かずつ減って行くことになり、六十歳をオーバーすると75%位にまで少なくなってしまうのです。歳とともに、質も下がっていくことが明確になってきています…
  • お肌の乾燥と申しますのは…
    • お肌の乾燥と申しますのは、お肌の弾力性のファクターとも言える水分が蒸発してしまっている状態のことです。大切な役目を果たす水分が消失したお肌が、黴菌などで炎症を患い、カサカサした肌荒れに陥ってしまうのです…
  • いつもの美白対策という意味では…
    • 体の中のコラーゲンの量は20歳前後を境にして、次第に低減していき、六十歳以降は75%位に減少することになります。加齢に従い、質もダウンすることが判明しています…
  • 敏感肌につきましては…
    • 十中八九あなた自身も、幾つもの化粧品アイテムと美容情報に取り囲まれつつ、一年中目一杯にスキンケアに努力しているのです。さりとて、そのスキンケアそのものが適切なものでないとしたら、反対に乾燥肌へとまっしぐらになってしまいます…
  • 空気の乾燥がもたらされる秋の季節は…
    • 肌のケアのオーソドックスな順番は、要するに「水分が多く入っているもの」からつけていくことです。洗顔し終わった後は、なにより化粧水からつけ、その後油分を多く含むものをつけていきます…
  • 目尻のしわは…
    • 今の若者は、ストレスの解消法を知らないことが多いので、ニキビ対策用の洗顔フォームや化粧水を毎日つけているのに、まるで進展しないと言われるなら、ストレスを溜め込んでいることが原因とも考えられます…
  • 人工的な薬剤とは一線を画し…
    • アトピー性皮膚炎の治療・研究に邁進している、かなりの数の臨床医がセラミドに興味を寄せているように、元々肌の角質層に含まれる成分であるセラミドは、一般的に肌がナイーブなアトピーの方でも、問題なく利用できると聞きます…
  • 潤いが失われると…
    • 潤いが失われると、毛穴の周囲が固い皮膚になってしまい、閉まった状態を保つことが不可能になるわけです。それ故に、毛穴にメイキャップの残りや汚れ・雑菌といったものが残った状態になるとのことです…
  • お肌最上部に位置する角質層に蓄積されている水分に関して解説しますと…
    • 様々あるトライアルセットの中で、注目度ナンバーワンは、何と言ってもオーガニック化粧品で有名なオラクルだと断言できます。カリスマ美容ブロガーさんがレコメンドしているアイテムでも、基本的に1位です…
  • 年齢を積み重ねる度に…
    • どこにでもあるようなボディソープでは、洗浄力が強すぎて脂分を取り過ぎる結果となり、乾いた肌もしくは肌トラブルが発生したり、逆に脂分の過剰分泌に直結したりするケースもあると聞いています…
  • 普段から入念にお手入れをしているようなら…
    • 洗顔した後は、お肌に残留した水滴が急速に蒸発するせいで、お肌が一際乾燥しやすくなるタイミングでもあります。間をおかずに保水のためのケアを行なうことをお勧めします…
  • 表情筋はもとより…
    • 刺激に弱い肌に関しましては、元から肌にあるとされる耐性が低下して、有益に機能できなくなっている状態のことであり、数々の肌トラブルに陥ることがあると指摘されています…
  • 冬季や老化によって…
    • 考えてみると、手については顔と比べてお手入れをあまりしないですよね?顔ならローション、乳液等で保湿するのですが、手っていうのは割と何もしていなかったりします。手の老化は早いですから、早々にお手入れをはじめてください…
  • 有用な役目をする成分を肌にプラスする働きをしますので…
    • お肌の防護壁となる角質層に貯蔵されている水分については、2~3%前後を皮脂膜、およそ17~18%程度を天然保水因子、残りのおよそ80%は、セラミドといわれる角質細胞間脂質の働きによりしっかりと封じ込められているとのことです…
  • スキンケアに関しましては…
    • スキンケアに関しましては、水分補給がポイントだということを教わりました。化粧水をどのように活用して保湿に繋げるかで、肌の状態だけじゃなくメイクのノリも全く違ったものになりますので、自発的に化粧水を利用したほうが良いと思います…
  • 人工的に薬にしたものとは別で…
    • 肌の質に関しては、ライフスタイルやスキンケアで変容することも珍しくないので、手抜きはいけません。気を抜いて肌のケアをないがしろにしたり、乱れきった生活を継続したりするのはやめるようにしてください…
  • 大衆的なボディソープだと…
    • 額に表出するしわは、一旦できてしまうと、易々とは克服できないしわだと言われていますが、薄くする手入れということなら、全然ないというわけではないと言われます…
  • スキンケアのスタンダードなフローは…
    • 数あるトライアルセットの中で、最も人気の高いブランドというと、オーガニックコスメで注目されているオラクルでしょうね。化粧品に造詣の深い美容ブロガーさんが取り上げているアイテムでも、だいたいトップにいます…
  • 今の人は…
    • 透き通った肌を目指して「透き通った肌に実効性があるとされる化粧品を利用している。」と話す人が多々ありますが、肌の受入状態が不十分な状況だとしたら、99パーセント無意味だと言っていいでしょうね…
  • 肌に内包されているセラミドが十二分にあり…
    • 肌に内包されているセラミドが十二分にあり、肌最上部にある角質層が理想的な状態であれば、砂漠などの乾燥した場所でも、肌は水分を維持できるそうです…
  • 「寒さが身に染みる季節は…
    • どっちかと言えば熱いお風呂が好みだという人がいるのも理解できるのですが、飛んでもなく熱いお湯は肌にはマイナスで、肌の保湿成分と言える脂分を勢いよく奪ってしまうことになりますから、乾燥肌の取り返しのつかない誘因になるとのことです…

ランキング